福昌寺・飯沼康祐の 旬をいただく精進ごはん

地獄そうめん

夏野菜がたっぷり!
しらたきの食感が加わって
食べ応えも美味しさもアップ

地獄そうめん

材料(2人分)

  • 油揚げ 1枚
  • しらたき 1/2袋
  • ミニトマト 6コ
  • オクラ 3本
  • みょうが(せん切り) 2本
  • 生姜(せん切り) 20g
  • 塩 小さじ1
  • A
    昆布と生椎茸の出汁(※) 400ml
    醤油 50ml
  • そうめん 200g
  • 七味唐辛子 適宜
  1. そうめんは茹でて冷水で洗い、ザルに上げておく。
  2. 油揚げは一口大に、しらたきは食べやすい長さに、ミニトマトは4等分に切る。オクラはがくの部分を包丁で切り落とし、斜めに薄く切る。
     
  3. 鍋にごま油(大さじ2)を入れて火にかけ、しらたきを炒める。水分がとんで、しらたきに張りが出てきたら、ミニトマト、生姜、塩を加えてさらに炒める。
  4. A、油揚げ、みょうが、オクラを加えてひと煮立ちしたら器に盛る。
  • お好みで七味唐辛子を加え、そうめんをつけながらいただきます。
※昆布と生椎茸の出汁のとり方
材料(作りやすい分量)
  • 昆布15×7cm 程度のものを2 ~3 切れ
  • 生椎茸 8コ程度
  • 水 1ℓ
  1. 固く絞ったふきんで昆布の表面を軽く拭く。鍋に水と昆布を入れて30分ほど浸しておく。
  2. 椎茸の軸を除き、1に加えて火にかける。アクが浮いてきたら丁寧に取る。
  3. 煮立つ直前に昆布を取り出し、鍋を火から下ろす。
*椎茸の軸、出汁がらの昆布と椎茸は佃煮や炒め物に使いましょう。

茄子とズッキーニの揚げ浸し

お酢を利かせた
さっぱり味が後を引く
夏バテ知らずの絶品揚げ浸し

茄子とズッキーニの揚げ浸しプ

材料(作りやすい分量)

  • ズッキーニ(緑・黄) 各1本
  • 茄子 2本
  • オクラ 1袋
  • 生姜 20g
  • A
    昆布と生椎茸の出汁(※) 300ml
    酢 120ml
    醤油 50ml
    みりん 50ml
    砂糖 大さじ2
  1. 鍋にAを入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止める。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておく。
  2. 茄子はヘタを落として縦半分に切り、斜めに格子状に切れ目を入れてから食べやすい大きさに切る。ズッキーニは1cm厚の輪切りに、生姜は薄切りにする。オクラはがくの部分を包丁で切り落とす。
  3. 2の野菜を素揚げして、1の出汁に浸していく。粗熱が取れたら冷蔵庫でしっかり冷やしてから器に盛る。
     

きゅうりの生姜漬け

材料を入れてもみ込むだけ!
ごまと生姜が香る
サラダ感覚の浅漬け

きゅうりの生姜漬け

材料(作りやすい量)

  • きゅうり 2本
  • 生姜(せん切り) 30g
  • 白ごま 大さじ2
  • 塩 小さじ1
  • ごま油 大さじ1
  1. きゅうりを乱切りにする。
  2. ポリ袋にごま油以外の材料をすべて入れてもみ込む。きゅうりがしんなりとしたら、ごま油を加えて再度もみ込み、冷蔵庫で30分ほどねかし、器に盛る。
     

飯沼康祐(いいぬま・こうゆう)

飯沼康祐

天台宗福昌寺副住職。1982年川崎市生まれ。19歳の夏に比叡山延暦寺で出家得度。大正大学在学中に食を通じた布教に興味を持つ。卒業後、都内飲食店で料理修業をしながら調理師免許取得。現在お寺を中心に各 地で精進料理会を開催。主な活動として「坐りびと・旬粥」(まちのお寺の学校)、「時をみる会」など。また「料理僧三人衆」のひとりとして、「ダライ・ラマ法王と若手宗教者100人の対話」などでも料理をふるまう。

便利帳エンディングノートの書き方 想いのこもった弔電サービス 終活Cafeニューズ
天国へのラブレター
  • 初恋のあの人へK.K 男性 実は私は、あなたのことが好きでした。 初めて出会った小...続きを見る
  • お母さんへ〈N.K 女性〉お母さん、誰かと楽しくおしゃべりしていますか? 話好きだっ...続きを見る
  • 父へ<長野県・sunohara>「見守ってくれているなら このロウソクの火を揺らして」と ...続きを見る
  • パパへ<神奈川県・春美>パパ…毎日お疲れ様です。 パパが浄土に旅立ってから12年が...続きを見る
  • 勝ちゃんへ<京都府・はな>「勝ちゃん」と呼んでも、もう返事してくれへんのやなぁ。 も...続きを見る
もっと見る


| お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
Copyright©Shukatu Cafe. All Rights Resered.